頭のマッピングで声が出し易くなる!

こんにちは。
声楽家,アレクサンダー・テクニーク教師(仮免実習中)の木俣時子です

アレクサンダー・テクニークでは
頭が脊椎の上で
どの様に動くかが、

体全体またにも

大きな影響を及ぼすと考えます。

そこで頭について考えてみましょう。

よく見かけるスマイル君ですが、顔としては

何かが足りない! 鼻、耳そして...額(おでこ)


人はおでこの広さを感じることが難しいと言います。
だからスマイル君を見ても不自然さを感じないのだと。

私自身、分っているのに目より上の長さや、頭の奥行き
実際より短く感じてしまいます。

ちょっと試してみて下さい。

① 目の下ぎりぎりの所に人差し指を横にして当ててみます。

②頭のてっぺんに身長を測る時の様に反対の掌を当てます。

③二つの手を平行移動させて見える所にもって来ましょう。

  どうですか?想像より長い?短い?

私は何度やってもこの長さに驚きます。

      

そして骸骨くんをみてもらうと

頭蓋骨の重さはほとんど目から上にありそうすね!

これを自分でさわったり鏡で見たりして

頭は目から上。」と思って、
体全体のバランスをとって歩いてみましょう。

何か感じが変わるでしょうか?

私は目線が高くなった様な気がします。

生徒さんによっては

体が軽くなった

負担が少なくなった

などの感想を頂きました。


息子は「気のせいで背が高くなった気がする」

と言ってました。

「気のせいでもいいんです。
「気のせい」は時として大きな力を持ちますから

さて、「頭は目から上」と思って、体全体のバランスをとって

歌ったり、楽器を吹いてみるとどうでしょうか?

是非 試してみてください!

発声のこと、アレクサンダー・テクニークのことをもっと知りたい方は
メルマガをどうぞ!!
お申し込みはこちら

 *体験レッスンも常時お受けしております
  詳細はこちら

 
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする