「 実践練習 」一覧

喉声をやめる練習

喉声をやめる練習

喉で歌うな!と言われたことがありますか?だからって怖がって声帯を使わない様にするのはもったいないですね。否定形を使うと萎縮してしまうし声を出す以上声帯は使うのですから。楽しめる対策法を考えてみました。

あなたの練習室は響ますか?

あなたの練習室は響ますか?

本番ではホールがどのくらい響くのか気になるし、それをふまえての演奏をすると思います。練習でも、その場所の響に影響を受けることに変わりはありません。昭和の時代に建てられた学校の音楽室は合唱を練習するには響きが少ないかもしれません。防音のための穴のあいた吸音ボードなどに響きが吸い込まれます。

鼻腔共鳴の実践練習

鼻腔共鳴の実践練習

声が響いていれば少ないエネルギーでよく聞こえますし、きれいな声になります。今日は簡単にできる、鼻腔の共鳴を使う練習アイディアをご紹介します。声楽や合唱、話す声にも使えます。

楽ちん脱力練習

楽ちん脱力練習

声楽家でアレクサンダー・テクニーク教師(仮免実習中)の木俣時子です。 高校生の頃、ピアノのレッスンで 腕の余分な力を抜くため スタッ...