低い声(中央のミから下あたり)が苦手な人へ

声楽家でアレクサンダー・テクニーク教師(仮免実習中)の木俣時子です。

高い声はよく出ているのに低い声が鳴らないという方に
時々出逢います。

 

低い声が苦手と言う人の傾向

ト音記号五線の一番下のミから下の声が
鳴りにくい人
がやっていることの1つとして

舌の奥をピンク色の→の方向に押し下げている

言い方によっては「喉を開け過ぎている

ことが挙げられる様に思います。

低い声を出している時にピンクに塗ったあたりをさわると
ふくらむ様な動きをする場合があります。

これは緑で囲んだ(舌の奥)を押し下げているのだと思います。

何がいけないの?

この動きを上手く使うこともできるのかもしれませんが

低い声を出そうとしてこの様に喉を下にあけ
それによって息通り道が広くなった分、

・ 息が口から出過ぎてブレスが短くなってしまう

・ 声帯が合わない様な息漏れの声になってしまったり

ということが起こるケースを見ます。

解決に向けての実験

上記の押し下げをやめるため

・前歯で指の先5mm程度をくわえ、口角を上げて歌う
(言葉は発音しにくいですが気にせず)

・低い音の部分の歌詞をしゃべり、その感じで歌う
(しゃべりに近くするためリズムを多少崩したり
 テンポを速めたりしてみる)

声帯がきれいに触れ合わない
かすれ声のようになってしまう場合

低い音も地声にならない様
高い声のように裏声で出さなければ という思考が

原因だったと話してくれる生徒さんがよくいます。

私もそうですがソプラノの人は中央のミくらいから下は
胸声を混ぜていかないとボリュームがでにくいと思います。

”しゃべり”から入るのはそのためです。

どうぞ試してみてください*

発声のこと、アレクサンダー・テクニークのことをもっと知りたい方は
メルマガをどうぞ!!   お申し込みはこちら

体験レッスンも常時お受けしております
詳細はこちら

 

 

 
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする