美しい音

カテゴリー

こんにちは。
声楽家,アレクサンダー・テクニーク教師
 木俣時子です。

美しい声(音) と言ったら

どんなことを想像しますか?

私は高校生の頃
弱小吹奏楽部でフルートを吹いてました。

そこで、指揮をしていた先輩が
「一音聞いて、涙がちょちょ切れる様な音が出したい」
と言ってたのを思い出しますが

当時はそんな音にあこがれはするものの
あまり実感がないものでした。

その後音楽を勉強し続ける中でこんな経験をしました。

もともときれいなメロディーや和音が美しいと思うのは
ある意味普通なことですが

ただピアノで音階をゆっくり弾くだけで
「こんなに美しいのかー」と感動したのです。

実験 1

1、ピアノで ド を弾きます。ペダルなしで鍵盤を押し続けます

2、耳をすまします
響がだんだん弱くなっていきますが
「まだ聞こえる、まだ聞こえる…」と
完全に響がなくなるまで聞き届けます

結構長く空間に響いているのが分かると思います。

3、もう一度 ド を弾いて響を聴き
大切に思いそこに調和する様に レ を弾きます。

4、レ の響を聴き同じ様に
ミ を弾きます…

違和感があったら ド レ ド レ と繰り返してみます。

* * * * * *

1つの音の響を聴き、調和する様に次の音を弾くと
音が移り変わる瞬間
何とも言えぬ美しさ感じます。

ピアノだと弾いた音は減衰していきます。
そこは奏者のコントロール外ですね

物理的というか法則というか…
だから美しいのかなーとも思います。

声や管楽器だと息の送り加減で
音の長さや強さや高低など
色々なコントロールができ
それが音楽になるのだと思います。

物理でなく演奏者の意図が表れます。

実験 2

歌や管楽器でメロディーを奏でる時

・前の音の響きを聴き
その響の中から次の音を生み出す

あるいは

・その音の中に次の音への
架け橋になる響が入っている感じて
次の音を出す


例えば「荒城の月

は〔ソ〕る〔ソ〕は同じ音なので

は〔ソ〕の音に同じ音程の響

る〔ソ〕重ねる感じ

る〔ソ〕の響の中に4度高いこ〔ド〕
入っているのをみつけ

こ〔ド〕に移り 

響を大切にしながらもう2度高い

う〔レ〕を歌う。

その響の中に2度高いろ〔ミ〕 

が入っているのをみつけ 歌い

その響を大切にう〔レ〕を歌い

同じようにの〔ド〕を歌う

* * * * * *

フルートでこの様に吹いてみたら

日本の笛を外で吹いている様な感じになりました。

歌の場合歌詞があり、言葉によって響の色が変わるし

言葉には意味もあるので

さらに要素が増えますが

苦手な跳躍のところで このアイディアを使うと
上手くいくことが多いです。

よかったら実験してみて下さい!

* * * * * *

「呼吸」のワークショップをします

声を出しながらの呼吸練習です。

緊張した時の役にも立ちます。

しっかりとした呼吸ができると、喉や指の力みタンギングが

改善することがよくあります
詳細お申し込みはこちら

発声のこと、アレクサンダー・テクニークのことをもっと知りたい方は
メルマガをどうぞ!!
お申し込みはこちら

体験レッスンもお受けしております
 詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする