発声時 体のしくみの中で絶対必要なことを3つ挙げましょう

こんにちは。
声楽家,アレクサンダー・テクニーク教師
木俣時子です。

声を出す体のしくみ

声を出すのに最低限必要なものは何でしょうか?

① 息

② 声帯の振動

③ 共鳴

の3つだと私は考えています。

 

 

①息

息をはくためにお腹まわりをプッシュします。

骨盤底筋群腹筋群を働かせ腹腔の内臓を押し上げます。

すると横隔膜が押し上げられ

胸腔にある(弾力性がある袋状)がつぶされ

息が気管を通って鼻や口から出ます。その途中

 

② 声帯の振動

喉仏(甲状軟骨)を息が通る時、その中にある声帯が振動します。

それが声の素となりますが、それだけでは
声とは言えないパサッとした音だそうです

声帯のまわりにも小さな筋肉がたくさんあり
声を出すための仕事をしているのですが

意思で動かすことができず、
使ってもフィードバックがほとんどありません

*参考記事

声が出るしくみ(声帯の動き)

地声と裏声のしくみ 

輪状甲状筋 


③ 共鳴

そのパサッと声の素が声道で共鳴し声になります。

ウィキペディアによると「声道」は

動物体内のの発生器より発せられた音が、
体外に放出されるまでの間に通過してくる、
動物の体内の空洞のことであり人の場合

喉頭、咽頭、口腔、鼻腔から成る。

声道の形状によって、体外に発せられる音の音色は変化する。

形状によって共鳴する音の周波数が変わることなどが原因である。

よって、ヒトなどはこの部分の形状を変化させることも利用して、

会話や歌唱などを行っている

歌う時一番大切なのは?

さて、この3つの要素を駆使して歌を歌うわけですが、

何をどう考えるのがいいでしょう?

これは私の考えなのですが’

②の声帯の振動については
筋肉を使おうと思ってもよく分からない場所ですし
何かをするというより、
余分な力が入っていないことが重要だと思います

③の共鳴については
共鳴は物理現象であり、響かせるには
やはり余分な力が入っていないことが重要だと思います。

声道を形状を変化させるや、あご軟口蓋の動きは
音色に大きな影響を与えるでしょう

ですからそのための知識、意識、練習は必要だと思います。
でも例えば頭蓋骨を響かせようとして力を入れてしまったら
振動を抑えてしまします。

 

一番大切なのは
①の息だと思います。
胴体の筋肉を使って声を出している間は息を吐き続けること!
これによって声帯も振動するし、共鳴も起こります。

どうしても「声をだそう!」
特に「高い声、強い声」を出そうとした時、
また音楽を感じて表現しようとする時も

関心が喉の周りや顔に行き
フレーズの終わりまでしっかり息を吐き続けることに
気がいかなくなってしまい勝ちです。

(自分の経験からも生徒さんを見ていてもそう思います)

すると喉や響かせようとした所に余分な力が入り
声がうまく出なかったり、響かなかったり
きつい声になってしまったりするのだと思います。

息づかいと言えば音楽そのものとも言えます。
その点からも息は大切ですね。

 

マヨネーズの胴体を押したら上からピュッと飛び出しますね。

そんなイメージでまずは息を真上に送る。

不安な音、難しい音ほど、頭を動ける様にして胴体をプッシュ!

この意識、動きがまずあることがとても大切だと。
自分への信頼が、素敵な声を出させてくれると思っています…

 

 

*体験すれば理解も深まります
興味のある方は体験レッスンにお出で下さい。詳細はこちら
指導者やプロの歌い手さんにも好評です!

*発声のこと、アレクサンダー・テクニークのことをもっと知りたい方は
メルマガをどうぞ!! お申し込みはこちら

*もし不調に悩んでいるのでしたら
こじらせる前に来て頂けると回復が早いかと思います!

*FBページはこちら(お勧め動画など紹介しています

 

 

タイトルとURLをコピーしました