コンクールのメリット、デメリット

こんにちは。
声楽家,アレクサンダー・テクニーク教師
木俣時子です

過去記事です

もう10年近以上 小学校の合唱指導に係わり
Nコンにも毎年 チャレンジしています。

コンクールのいいところ

♪ 目標になり、毎日の練習の質をあげることができる。

♪  たくさんのお客様の入った広いホールで演奏できる。

コンクールを受けなくても、真剣に音楽と向き合い
奏でたい音楽を奏でることを目標にみんなで頑張る

ことはできると思いますが、そこにコンクール入賞という
目標をおいた方が、おもしろみもあるし頑張りやすい


コンクールの
弊害は
♪ 入賞に気をとられるあまり
音楽を見失い、技術ばかり追求してしまう

指導者に焦りがでて感情的になってしまうことがある)

♪ 結果が悪かったとき

自分たちの悪いところばかり捜してしまう

自分のせいだと落ち込む、やる気を失う

コンプレックスを持つ要因になる

コンクールの評価は相対的なもので

結果が悪かったとしても自分たちが悪かったというより
もっと評価された学校があったということです。

その評価も今回の審査員の方々によるもので、
違う見方をする人もいないとは限りません。

そこをしっかり理解し
コンクールに振り回されることなく

うまく利用して欲しいと切に祈ります

*発声のこと、アレクサンダー・テクニークのことをもっと知りたい方は
メルマガをどうぞ!! お申し込みはこちら

*合唱の出張レッスンいたします。詳細はこちら

体験レッスンもお受けしております
指導者やプロの歌い手さんにも好評です!
詳細はこちら

*FBページこちら(お勧め動画など紹介しています)

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする