緊張した時起こりやすいこと

こんにちは。
声楽家,アレクサンダー・テクニーク教師
木俣時子です

気楽に出せばでる音が

人の注目を浴びてると意識した途端

音程に届かなかったり、割れた音になったり

なんてこと私は何度も経験しています。

人はそれを緊張と呼ぶのでしょう。

前回書いたように(こちら)

そういう音(声)が出るということは、

そうなることをしてるからです。

いったい何をしているのでしょう?

体には何が起こっているの?

例えば高い音を小さく出さなきゃ!

という刺激に対して起こり安いと思われることを
二つあげます。


① 喉の周りに力が入る…これは分かり易いですね

でもこれを止めるのはむずかしい。
(喉の周りには小さな筋肉がたくさんあって
しかも意図して動かすことが難しいので)

② お腹の周りに力が入る
音を出す時、息をはくために 腹筋群を使うのですが

それ以外のただ立っている時にも
下腹のあたりにキュッと締める様な、引き上げる様な
力が少し入っている

すると呼吸のためのお腹の動きの邪魔になると思います。

また、高い音 強い音など たくさんの息が必要な時
腹筋群を使うタイミングがあると思うのです。

さあ!と息を吸う時に使うのは主に横隔膜
この時には腹筋群はゆるんでいてもらいたいのです。

ここで既にお腹を固めてしまっていると
実際音を出す時に充分には使えません。

緊張によってお腹(特に腹直筋)が
キュキュッと固まることが無意識に起こり

それによっていつもできるはずのことができない

ということがあると思っています。

腹筋群

腹横筋

腹斜筋

腹直筋

腹筋は腹横筋、内腹斜筋、外腹斜筋、腹直筋 と

重なっていて前側の表面にあるのが腹直筋です。

表面にあるのでよく見えます。

腹筋が割れるというのはここのことですね

使っている感も分かり易いです。

ですから腹筋を使おうとした時
すぐに反応して働いてくれる様に思います。

でも呼吸にはもっと深層にあって感じ難い

腹横筋や骨盤底にも働いて欲しいのです

働き者の腹直筋が先に働く(収縮)すると
深層の筋肉が動き憎くなると聞きました。

腹直筋には最初少し楽にしてもらって
働く時にはしっかりお仕事をしてもらいたいです。

図の様にとても長~い腹直筋。
恥骨から肋骨の途中まで。

日常的にも下腹のあたりが、
用もないのにキュッとしていることに気付くことがあります。

それで緩めてあげると腰椎(腰の辺りの軸)に影響が出て

背中全体がフッと楽になります。

腹直筋を使うタイミングを遅くすることで、

腹筋群全体が使えるようになり

息の支えが(息の吹き上げ)がしっかりすると

は頑張らなくてよくなり

難しいと書いた②も軽減されると思います。

*発声のこと、アレクサンダー・テクニークのことをもっと知りたい方は
メルマガをどうぞ!! お申し込みはこちら

体験レッスンもお受けしております
指導者やプロの歌い手さんにも好評です!
詳細はこちら

*FBページこちら(お勧め動画など紹介しています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする