ワークショップ 脱「脱力」

歌でも楽器でも
「ついつい力んでしまい
脱力したいんだけどできない」

そんな悩みを持っている人が多いなー
と思い、テーマにしました。

* ワークショップの全ては アレクサンダー・テクニークふまえたものです …

一度入ってしまった余分な力を抜く
のは難しいかもしれません。

そもそも必要なことは何か考えて、
効率のいい方法を考えましょう

ミニレッスンではこのテーマでなくても

お悩みに役立つアイディアを提供したいと

思います。

2018/6/9(土)脱「脱力」 について

     13:00〜15:30  定員6名

京王線笹塚駅より徒歩5分(木俣レッスン室)

 参加費: 4000円
(5月15日までにお申し込みの方は500円引き

講師 :木俣時子アレクサンダー・テクニーク教師、二期会会員 

内容 : 

はじめに皆さんのお話を聞き

役立ちそうなことをお話したり
エクササイズしたりします。

その後 参加者1人1人の
具体的な悩み(疑問、相談)にお答えします。
言葉で説明するより、声(音)を出して頂き
「ここが上手くいかない…」
「こんな風にだしたい」など
ミニレッスン形式で進めたいと思います。

★アレクサンダー・テクニークでは脱力を
推奨している分けではありません。

ただ、体の構造に注目し、
効率のよい動きを一緒に探求していると
生徒さんが、自分で力を入れていたことに気づき
新しいやり方を見つけたりして
それまでより楽に声を出すことができ

「楽です」
「こんな風に歌えたのは学生以来です」
などの感想を頂くことがよくあります。

力みを気にしていた生徒さんの感想 こちら


○グループレッスンの良いところ

自分の声というのは、
なかなか分り難いものです。

レッスンで変化しても、
本人はピンと来ないことがしばしば起こります。

別の人に聞いてもらうことで

自分では分からなかった変化が
確認できます。

また人のレッスンを見ることで
客観的な視点からの体験ができます。

(自分に言われている時は分からないことが
他人が言われていると理解できたりします)

いいところを見せる場ではありません。

私もこの様な場では
最悪なコンディションになるタイプです。

でもむしろ
上手くいかない所を示して頂ければいいので

それで充分なのです。

♪ お申し込み、お問い合わせ

下記フォームに書き込みの上、
送信ボタンをクリックしてください。

件名は「ワークショップ申し込み」とし
本文にワークショッフで聞きたいことなども
書いて頂けると助かります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする