私のままで歌う!上手くいった時だけが本来の私だと思うのは違うかも

こんにちは。
声楽家,アレクサンダー・テクニーク教師
木俣時子です

こんな風に思うことがありますか

①演奏の中でこの音失敗した!

②今日は調子が悪い

③この曲は歌いにくい

④コンクールなどで結果が悪いと分かってから
実力が出せなかったと思う  etc.

 

この思いの裏にはどれも

自分の実力が出せていない。本当はこんなものではない

という気持ちがあるのではないでしょうか…

 

自分には可能性がまだまだある」という意味では

いいことですね。

ただ...

演奏の最中に①~③や

こんはずじゃない。ホントはもっとできるのに

と考えても焦るばかりで、決して役には立ちませんよね。

 

建設的な対策

練習の段階で傾向と対策を練っておくことができます。
こんな時にはこーしてみようと。

バックポケットプランブログはこちら

③選曲はとても大切ですが
どんな曲でもいい演奏をするのは簡単とはいえないでしょう。

全体的なプランを立
歌いにくい箇所を一つずつ丁寧に練習するしかありません。


④演奏した時はわりと感触がよかった場合でも
評価が悪いと、全て悪かった様に思ってしまうのは残念です。

聴衆として聞いたらいい演奏なのに評価は悪いなんてことは
よくあることだと思います。


本来の自分ではない?

・練習ではできたことが できなかったとしても

・歌い心地が今一つ悪かったとしても

・評価がよくなかったとしても

その時その条件の中で最善を尽くしたのではないでしょうか?

それを本来の自分ではなかったと してしまうのはどうかしら?


練習で上手くいっていたのも自分なら
本番では上手くいかなかったのも自分なのでは…


残念なお知らせ

本番で音がひっくり返ったとして
それはひっくり返る様なことをしたからです。

高音が届かなかったとして
それは届かないようなやり方をしたからなのです。

そこに至る何をしたのかを見つけるのは大変ですが…

(これについての一例はこちら


This is me これが私

「私のままで歌えばいい」

今の自分を認められずに演奏すると
或いは上手くいった時の音(声)しか認められずにいると

「何とかしなきゃ」という所に立ってしまう

いい所も悪い所も全部受け入れて

~これが今の私の歌です!~
〈何か文句あるー?〉

って感じはどうかしら
結構なパワーが必要なので、強気でいかないと!

もちろんそこにいくまでに努力を尽くします。
次に歌えばもっと成長した歌が歌えるかもしれません。

でも今はこれで精一杯!

他の人が何と言おうとまず自分が自分を受け入れる

書いている私もまだまだできていないことですが…

こんな曲をみつけました。

泣けます…

ヒュー・ジャックマンも感涙!映画『グレイテスト・ショーマン』「This Is Me」ワークショップセッションの様子

 

 

*発声のこと、アレクサンダー・テクニークのことをもっと知りたい方は
メルマガをどうぞ!! お申し込みはこちら

*体験レッスンもお受けしております
指導者やプロの歌い手さんにも好評です!
詳細はこちら

*FBページはこちら(お勧め動画など紹介しています

タイトルとURLをコピーしました