花占い方式練習 ハイCが出るか出ないか それが問題?

こんにちは。
声楽家,アレクサンダー・テクニーク教師
木俣時子です

本番が近くなってまだ上手くできない所がある時。

どうしても気になってそこばかり
練習してしまうこと ありませんか?

私はあります。アリアの最後の高い音がきまらなくて...

歌う→出た   歌う→出ない
歌う→まーまー

プランも立てますよ。

○○してみよう! 歌う → 上手くいきそう
○○してみよう! 歌う → やっぱり上手くいかない
△△が悪かったのかな、もう一度! 歌う → できた

でも次の日できるとは限らないので また同じことを

まーこれが練習というものだし、それなりに建設的にやってました。

でも何だかこれじゃ 花占いみたい って思ったの!

その心は...結果に興味が集中!?

 できるのか、できないのか それが知りたい!
ちょっとおかしいと 分かってはいるのに…

どこがおかしいと思いますか?

私は歌う時に一番大切なことは
その音が上手く出てるか、指が回っているかではない
と思うからです。

それはもちろん大切ですが、
その高い声や難しいフレーズで何を表現するのか
どうして作曲家がそれを書いたのか

そこが抜け落ちて音だけ出ていてもね~

練習の時もそこを踏まえておきたいのに
「できない」という刺激に囚われてしまう

もし生徒さんがこの 花占い式練習
(つまりその音を出すことに固執した練習)
をしてたなら

 「今度のレッスンまでここは歌わないで」
と言う場合もあります。

 苦手な箇所はいいフォームで歌うのが難しく、
特に音の高さや音量を追い求めている間に
他の所まで、無理をした声の出し方
なってしまったのが見える時。

 それなら得意な箇所や普通な箇所を練習した方がいい

その練習が実際歌っていない苦手な箇所にも
良い影響を及ぼす可能性もある。

本番前でも、音を完璧に出すことに捕らわれず
自分なりのThinking を持って練習したいものです。

できるのか できないのか 占うために
練習してる分けじゃないから!!

 お客様もそこを聴きに来るわけではない
そういう質の演奏を目指しています… 

 

発声のこと、アレクサンダー・テクニークのことをもっと知りたい方は
メルマガをどうぞ!!
お申し込みはこちら

体験レッスンもお受けしております
詳細はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました