実践練習

体のしくみ

姿勢は声に影響する?歌の呼吸がし易く、無駄な力が入り難い立ち方

良い姿勢で立った方が声が出しやすいと考えるのは当然だとは思いますが、それはいったいどんな姿勢なのでしょう?実験してみましょう。
体のしくみ

声が出しやすくなる顎のエクササイズ、構造に合わせて動かそう!

緊張して知らず知らず顎の動きが少し固くなっただけで高音が引っかかったり、ゆれたりした経験があります。顎を動かす筋肉を知り構造に従った動きで歌ったらどうなるでしょう?
実践練習

跳躍する音程が上がれない、高音が届かない時の練習方法

オペラのアリアを歌おうとした時どうしてもついてくるのが高い音を出すことですね。その練習法をご紹介します。
喉のしくみ

歌唱における日本語の発音、母音の発音を変えれば声の響きが変わる!

響きのある美しい声に、母音の発音が大きく影響します。日本語をしゃべる時の発音を調べ、歌う時との違いを考えました。
喉のしくみ

鼻腔共鳴の練習法。鼻声になってしまう時はどうする?

鼻腔共鳴が上手く使えた声は鼻声とは違いますよね。鼻声になってしまう人にお勧めな練習法と鼻腔共鳴を使いたい人へのお勧め練習法を書きました。
実践練習

音楽を表現しようとしての力み、歌い過ぎ、癖 対策

音楽を感じて表現しようとした時 不必要な動きが伴う場合があります。それは個性なので悪いことではありません。ただそれが、演奏上のやりたいことを邪魔しているとしたら見直した方がいいかもしれません。
実践練習

発声時の力みをとり脱力したい人へ

これは不思議なやり方です。私自身 歌い辛い箇所を新聞紙などを破りながら歌うと 自分が整っていくような感じがして、つっかかりが取れていきます。もともと持っているのに「~しなきゃ…」の影に隠れているものが出てくるのかもしれません。
実践練習

カラオケでパンチが出せない方ー裏声と地声は区別してますか?

合唱や声楽やっていると地声はいけない物の様に思うかもしれませんが、マイクを使って歌うポップス、アニメソング、ミュージカルの歌も主に地声で歌われています。(クラシックの低音もこの要素が入ることがあります)声帯の使い方が違うのです。もし地声を出したい場合の練習方法などご紹介します。
実践練習

ヒモ1本で音(声)が変わる!ヒモトレ 演奏で実験してみた

古武術の甲野善紀氏も推奨し、使っているという「ヒモトレ」確かにヒモ1本で「声、音」が変わりました!効果がでるしくみが○○にそっくり!
実践練習

「もっと歌って」或いは「歌い過ぎ」…”浜辺の歌”を例に詳しく説明

「浜辺の歌」を例にあげ、歌心のある曲想づくりを分かり易く 具体的に説明します。また「歌い過ぎ」とはどういうことかも考えました。
タイトルとURLをコピーしました