発声

喉のしくみ

鼻腔共鳴の練習法。鼻声になってしまう時はどうする?

鼻腔共鳴が上手く使えた声は鼻声とは違いますよね。鼻声になってしまう人にお勧めな練習法と鼻腔共鳴を使いたい人へのお勧め練習法を書きました。
喉のしくみ

”軟口蓋を上げる”と鼻抜けしないの?言葉によっては鼻抜けが必要?

母音によって変わる軟口蓋の様子が分かる動画がありましたのでみてみましょう。 また軟口蓋を調節して息を鼻から抜かないと発音できない言葉について具体的に調べます。
体のしくみ

歌うのに適した姿勢は?胸を張ったり、反り腰だと呼吸はしやすいのか?

最近「反り腰」という言葉を時々聞きます。形よく立とうと思うと反りやすいですね。或いはダラッとせず普通に立っただけでも反り気味の人は多いです。(私もそうです)これは演奏に適しているのか実験してみました。
体のしくみ

演奏時の呼吸~息を吐いている時に吸気筋も使うのはなぜ?

マヨネーズの容器を立てて握りつぶせば、ピュッと上から飛び出しますね。呼気はそれに似ていると思いますが、それだけではすぐに吐ききってしまいます。そこに登場するのが息の支えです。
喉のしくみ

力んで声帯をつけないで!「ベルヌーイの定理」が働いてくれるから

声は喉仏のところにある声帯が振動することで、その原音が作られます。声帯の間を息が通り抜ける時「ベルヌーイの定理」が働いて、二つの声帯が引き寄せられるそうです。ペットボトルで実験してみました。
実践練習

音楽を表現しようとしての力み、歌い過ぎ、癖 対策

音楽を感じて表現しようとした時 不必要な動きが伴う場合があります。それは個性なので悪いことではありません。ただそれが、演奏上のやりたいことを邪魔しているとしたら見直した方がいいかもしれません。
喉のしくみ

喉の構造② 舌骨は肩甲骨や胸骨にも筋肉でつながっている

舌を支えている舌骨は他の骨とは接していません(浮いている!)でもたくさんの筋肉が付いています。遠い所では肩甲骨までつながる筋肉もあります。これらの筋肉を柔軟に使えたら声もよくなりそうです!
喉のしくみ

喉の構造①声帯を含む喉頭は頭蓋骨から4本の筋肉で吊られている

フレデリック・フースラーはこれを 喉頭懸垂機構 と呼びました。喉頭は動きます。これを固めてしまうと声は出し辛く、響きも減ってしまうでしょう
体のしくみ

発声時 体のしくみの中で絶対必要なことを3つ挙げましょう

実際 歌う時にはこの3つの中のどれに意識を強く持つといいのか、私の考えを書きました。
実践練習

「声を出そうと思っただけで力が入る」のを防ぐレッスン

これは不思議なやり方です。私自身 歌い辛い箇所を新聞紙などを破りながら歌うと 自分が整っていくような感じがして、つっかかりが取れていきます。もともと持っているのに「~しなきゃ…」の影に隠れているものが出てくるのかもしれません。