発声

実践練習

美しい音 「荒城の月」を例に挙げ 響きを聴き取る練習

自分で出している音 きれいだなー と感じたことはありますか?ピアノでポツリポツリと音階を弾いただけでこんなに美しいのかーと感動したことがあります。この誰でもできる実験を「荒城の月」を例にあげご紹介します!
実践練習

日本語の発音(口の中の舌や軟口蓋、顎はどの様に動くのか?

歌っていて「もっと言葉をはっきり発音したい」と思うことはありますか?言葉を発音する時、何が動くでしょう…舌、唇、他にもありますよ!
喉のしくみ

”喉をあける”の失敗例~舌根を押し下げ、喉を下に広くした場合

声楽や合唱で(管楽器でも言われるらしい)喉をあける ということがよくあります。私はどうもそれが苦手だったのですが、アレクサンダー・テクニークの勉強をしてその正体が少し見えてきました。
体のしくみ

全式呼吸 胸もお腹も動きを禁止すると どこかに力みが…

声楽や管楽器演奏において、胸式呼吸は浅くてよくないと言う考えがあると思います。でも息は肺にしか入らずその肺がある胸部は たくさん息を吸おうと思えば当然うごくのでは…
体のしくみ

腹式呼吸vs胸式呼吸 動画で肋骨や筋肉の動きを確認しよう

声楽の発声において、お腹、背中、わき腹の動きは注目されますが、胸郭の動きについてはあまり言及されないように思います。肋骨のつくりと動きについて書きました。
実践練習

喉声をやめる練習 歌うと習慣と結びつきやすいのでしゃべることから

喉で歌うな!と言われたことがありますか?だからって怖がって声帯を使わない様にするのはもったいないですね。否定形を使うと萎縮してしまうし声を出す以上声帯は使うのですから。楽しめる対策法を考えてみました。
体のしくみ

頭のマッピングで声が出し易くなる!目の上と目の下どっちが長い?

頭のマッピングをしてみましょう。声が出しやすくなるかもしれません...
体のしくみ

「頬骨を上げる!」って?動いているのは筋肉ですけど…

脳は、できないことをやる様に指示されると混乱するそうです。さて歌う時「頬骨を上げる」できる?できない?
実践練習

低い声(中央のミから下あたり)が苦手な人へ  舌根を押し下げてない?

高い声はよく出るのに低い声になると急に鳴らなくなってしまう方に時々出会います。こんな実験で低い声が出しやすくなる場合もあります。管楽器でも低い音を出そうとした時、舌根の押し下げが邪魔になることがあるようです。
実践練習

音色を作る要 咽頭腔共鳴の練習(喉をあける!ってこれかも)

喉をあける と言われた時 知らず知らず あるいは分かっていて下にあける方も多いと思いますが、ここでは喉の上側のスペースをマッピングするというやり方です。合唱指導で活躍されている武田雅博先生が楽しくお話される”鼻にごはん粒”の話もこの咽頭共鳴のことかなーと。