歌うのに適した姿勢は?胸を張ったり、反り腰だと呼吸はしやすいのか?

こんにちは
声楽家,アレクサンダー・テクニーク教師
木俣時子です

 

       

3Bで骨格模型を買った時?もらったクリアファイル。

 

脊柱の構造 と書いてあります。

脊椎と言うと一つ一つのパーツも指しますが
脊柱というと集合体を指すようです。

 

 

前面から見るとまっすぐに見えますが

側面から見ると3箇所にカーブがあるのが分かります。

このカーブが スプリングの役割をし
歩く時などの振動を和らげたり、

頭の重さを分散させたりしてくれます。

図で青く脊椎の間に入っているのが椎間板です。

椎間板は線維軟骨で椎骨にかかる衝撃を吸収し、 
靭帯とともに脊椎を保持します。

良い姿勢

「背すじをピンとして…!」

「猫背にならないように‼」

「胸を張って」

など子供の頃に言われいませんでしたか?

これを守ろうとすると
腰を反り、両腕を後ろに引く(肩甲骨を寄せる)形に
なるのではないでしょうか?

       ②    ③

①腰を反らして 
②胸を張る(両腕を引く)
③腰を反らすのをやめ、胸を張るのもやめる

②の様な姿勢を良しとするかもしれませんが
背中やみぞおちに かなりの緊張を感じ
首の後ろや顎も窮屈です。
膝の裏側もギュッと力が入っています。

③はその緊張を緩めているので
大分 楽です。
①②に比べると少し重心が後ろに行ってますね。

今の私には③が一番息が入り歌いやすい立ち方です。

これが普通になるのには何年んもかかっているのですが…
そしてこれからも変わっていくでしょう。

私にとってのアレクサンダー・テクニーク

やり方としては
上図の脊椎 一つ一つのパーツがチョコチョコ動いて
頭とのバランスをとります。

頭が動けば体も動き、体が動けば頭も動く。
(当たり前か…)でも頭は5Kg、とても重いのです!

それとバランスを取るため脊椎は常に微細に動きます。
その動きを意識的に積極的にするのが
今のところの私のアレクサンダー・テクニークです。

つまり写真の③です。

演奏時の姿勢

歌や管楽器では
呼吸をしやすい姿勢にしたいですね。

つまり沢山吸えて、吐きたいだけ吐ける。

それには①や②の様な緊張はない方がいいと思います。

ただ、私もそうでしたがその立ち方が当たり前になっていると
別に腰を反らして立っているとも思わないかったり、

多少気づいていても、それによって
筋肉がギュッと緊張し、呼吸し辛くなっているなんて
思ってもいない場合が多いのです!

でも、一度楽な立ち方(脱力`するわけではない)を覚えると

声が変わったり、高い音がすっと出たり

日常生活でも
「仕事でずっと立っているのがすごく楽になりました」

という生徒さんもありました。

 

写真について

写真は動きの中の一瞬を抜出したものです。
分かりやすいですが、形に囚われてしまいやすいです。

正解の形なんてないのです。

人間は常に動いていますから。
呼吸もしてるし、瞬きもするし、心臓も動いている。
これらのことによって微細な動きが起きているのです。

形と思った途端固めてしまうでしょ。
だから動きとかバランスととらえてほしいのです。

♪メルマガではそれぞれの姿勢で声を出している動画をお送りします。
お申し込みはこちら

*直に体験したい方は体験レッスンを受けに来てください。詳細はこちら

指導者やプロの歌い手さんにも好評です!

*もし不調に悩んでいるのでしたら
こじらせる前に来て頂けると回復が早いかと思います!

*FBページはこちら(お勧め動画など紹介しています

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました