Thnking

「考え」によって 出てくる声、歌うことの喜び色々なことが大きく変わります!

Thnking

呼吸法の前に考えたいこと~息には気持ちがのる、邪魔をしなければ

人はなぜ歌うのでしょう?わざわざ習ってまで。上手になりたいという気持ちは大切です。ただ目の前にある音を出そうと義務として機械的に構築してしまうのはどうでしょう。それより ふだんしゃべる時の様な生きた呼吸で音楽の内容を歌いたいものです。
Thnking

失敗した時に読んで欲しい…記憶から消し去る前に

失敗しちゃった時 どうしますか?振り返るのは勇気がいるけど、大切な経験、大切なデータです。しっかり分析し役立てましょう。
Thnking

花占い方式練習 ハイCが出るか出ないか それが問題?

「できない」という刺激はとても強いものですね。ハイCというのは例えですが、それが出るのか出ないのかに固執してしまい勝ちです。自分にとってもお客様にとっても音楽を楽しむにあたって一番大切なことは何でしょう?私の考えを書きました。
Thnking

発声する時、いつもの癖から抜け出して 真の自分で歌う

今年のトミー先生個人レッスン受講の様子と アレクサンダー・テクニークで新しい次元に行くという 深いお話
Thnking

「緊張で頭の中真っ白!」という時 やることを明確にしておくと…

「体が硬くなっちゃうんです」「表現が苦手なんなんです」「ここがいつも上手くできないんです」これらは”やりたくないこと”ですね。やりたいことは何でしょう?
Thnking

恋をするといい演奏ができる?音楽そのものが持つ心と自分の心と..

クラシック音楽にも恋愛をテーマにした作品はたくさんありますね。恋をしているといい演奏ができるのでしょうか?
Thnking

私のままで歌う!上手くいった時だけが本来の私だと思うのは違うかも

歌い始めて思ったより上手くいかないと、「こんなはずじゃない…」と一気にその一点に気持ちが集中してしまうこと、私にはよくあるんです。するとどんどん出来ていたことができないスパイラルに!「This is me」そんな風におもいたい…
Thnking

絶対成功!と思った時、自分の体はうまく動くのか?固まるのか?

「いい演奏をしたい!」そのためどんな練習をしましょうか?」どんなことをしたら、どんな風に考えたら自分というシステムの動きがよくなるのでしょうか?
Thnking

自分が演奏する意味、すべての音はコミュニケーションのためにある

例えば本番前に向けて練習している時 気になるのはどんなことですか?「失敗したらどうしよう」「何とか上手くやりたい」そういう思いはついてまわると思います。そんな時自分が演奏する目的を考えてみませんか?
Thnking

できないから練習するんじゃなくて楽しいから練習する!

「できないことができる様になっていく」って嬉しいですね!音楽にもそういう喜びもあると思います。でも「出来ないことを見つけては、できる様に頑張る!」これだけだと音楽の本当の喜びが見えなくなってしまう気がします…